FC2ブログ

久しぶりの売買

次回12月16-17日のFOMCでの米利上げ転換に向けての思惑錯綜からマーケット全体にポジション調整など不安定な商状となっていたが、総じて落ち着きを取り戻していると展開となっている。
売買のほうもそういったマーケットの不安定な展開を回避し、手控えていたが、そろそろ重い腰を上げて参入したいと思うが、「満を持しての参入」というより、様子を見ながらのそろそろといったようなエントリーしてみた。
フランスで起きた同時多発テロの影響を受けてのリスク回避の「円買い」の動きも小規模で限定的となったことからも、根強いドル円、クロス円の堅調さがうかがえ、ここは豪ドル円のロング中期スタンスで攻め込む。
豪ドル円を選択したのは、テクニカル面の底確認と前回の豪雇用統計のサプライズを伴った好調さからファンダメンタルズの底堅さを評価してみた。
エントリーの状況は下記に示したが、決済の指値は、ロスカットを足元でサポートが認められる日足45移動平均(11/19現在86.35で推移)のポイントに逆指値を置いて、一方のプロフィットテイク(利食い)の注文はエントリーの半分を今年7月8月の踊り場である92円半ばの下の92.00に設置し、あとの半分は様子見とする。
ロスカットで想定される損失が約2.00円と想定されることから、現資産(約94万円)の10%(当初決めた中期スタンス戦略の許容リスク)が9.4万円ということでエントリーのボリュームを4万通貨とした。
なんとかこの売買である程度のバッファーを築いて、もっとアクティブに参加したいともくろんでいるのだが・・・・




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。