FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株価回復

株価回復の見極め

27日のアジア時間終了時点で日経平均、上海酒豪株価指数ともに落ち着きは見せているものの下値不安を依然残している。
昨日の米ドウ平均も下値追いの展開を一旦落ち着かせてはいるものの完全回復とは言い難い展開となっている。
今回、中国発の世界的株価下落の波は、リスク回避の動きなど株式市場にとどまらず為替市場にも大きく余波を広げているが、やはり為替市場単独では今回の動きを見極めるわけにはいかないだろう。
 そこでどの程度まで株価が回復するのかで今回の波乱の終結を見極めたい。
 そもそも発端の中国株式市場でみると24日にあけた3400から3500元のギャップを埋めることが第一条件となるだろう。そこでハードキャップされなければ今回の騒動の終結とみる。
 日経平均では19500円、NYダウでは16600ドルが見極めどころのポイントとなるだろう。

 また今回の騒動は、米国の9月利上げ観測が発端にあると中国当局者が示していることあり、9月16-17日の米FOMCを過ぎるまでは収束しないのかもしれない。
 仮に米国が利上げを実行した場合は、織り込み済みでインパクトの初期動作だけで合わるのかも・・・・

 いずれにしても株価の紫檀べ不安が払しょくされるまでは、リスク回避の動きからの「円買い」の動きも払しょくされないとみておいたほうがよさそうだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。