FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 本日4日21:30に米雇用統計が発表される。
年内残すところあと2回予定されているFOMCで利上げへの転換学実視されている中、今月末のFOMCでのタイミングで利上げ政策転換決定に最重要材料に今回の雇用統計が位置づけらているといっても過言ではないだろう。
 米利上げ転換の障害となっていることに米国内的に利上げ転換によって資金流出から株式市場が大幅下落を示現するのではと懸念されていることから雇用統計の結果を受けた株式市場の反応にも注視したい。
 また対外的には、利上げ政策に追随できる主要国がないことから米ドルへの資金流入が強まり、各国株価への影響が懸念される。先月中国株価が大幅下落を演じていたことは記憶に新しいだろう。

 そういった各国への影響を含めて米雇用統計の発表後のマーケットの反応に着目したい。

 ストラテジー(戦略)をたてて攻め込みたいところではあるが、ここの所、連敗を食らっていることや米国の利上げは歴史的にみると息の長いものになる傾向が強いことからマーケットのリアクションに対応する形をとることにしよう。
 基本的には、ドルの押し目買い狙いのスタンスをとりたい。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。