FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクニカル主導

 月末に行われるFOMCの結果が注目される中、月半ばということで重要指標を書いていることでテクニカル手動の展開となっている。
 そんな中、ドル円が久しぶりに動意を示している。
 米利上げが見送られ続けていることで頭が重たくなっていたことも手伝って118円台前半に下値を伸ばしてきた。
 長期的にみればドル円は上値が期待できることから仕込みどころの局面といえよう。
 日足でみると2英連続で飲泉を付けていることや前回中国株急落時につけた116円台に接近してることでいまだ下値が出きったとの確認はできないが、今週から来週の前半にかけてドル円の動向を注意深く見守りたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。