スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注目のFOMC

 28-29日のスケジュールでFOMCが開催される。
焦点は利上げへの転換がが実行に移されるかどうかにあるが、コンセンサスでは金利据え置きが大勢となっている。
 その理由としては米国内敵には株式市場への配慮=利上げが実行されると資金シフトの動きから株価が下落する、
対外的には米国に続いて利上げが行う状況が整っている国がないため米ドルに資金が集中する可能性がある=そのことにより先月中国で起きたような各国の株価の下落や長期にわたる他通貨の対ドル下落が顕著となる可能性があるなどがあげられるだろう。
 米国にしても現在の低い金利水準は異常であるとしているものの、こういったリスクを軽減できない限り、無理して利上げに移行するのは避けたいと考えており、現段階では列挙したようなリスクからスパイラル的に巻き起こる米経済に及ぼす悪影響を懸念しての判断が出ると予想される。
 今回、利上げが実行されれば多少サプライズとなるが、いずれ近々に利上げが行われると誰しもが予想しており、意外と平静を保つかもしれないが、米株式市場や中国株式市場をはじめとする周囲への影響から米ドル自体の動向が大きく左右っされるかもしない。
 その辺を加味しながらFOMC終了後のマーケット全体の反応を見て、ぼちぼちポジションどりを進めたい。

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。